【要注意】緊張した時の脇汗がワキガ臭いのは精神性発汗|どんな臭い?対策を解説

「普段の汗はクサくないのに、緊張した時の脇汗がすごく臭い」

あなたはそんな経験はありませんか?

私がまさにそうなんですが、緊張した時って自分でも驚くほどくさい脇汗がでてしまいます。

もしあなたも同じような経験があるならこの記事は必見!

緊張した時に出る汗のにおいの仕組みとその対策を紹介していきます!

 

緊張すると脇汗がワキガ臭い!?

緊張した時にかく汗って普段の何倍も臭いですよね。

思わず「もしかしてワキガ!?」と思ってしまいます。

私自身、「気のせいかな?」と思ってたんですが、同じ症状を感じる人がかなり多くいるんです。

緊張した時の脇汗が臭いのは気のせいではありません。

これには実はしっかりとした理由があるんです。

 

緊張した時の脇汗が臭いのは精神性発汗

この緊張した時に出る脇汗を「精神性発汗」と呼びます。

精神性発汗は通常の汗と比べて臭いが強く汗の量も多い傾向にあるんです。

 

緊張した時の脇汗「精神性発汗」が臭い仕組み・メカニズム

ではなぜ緊張した時の脇汗が臭いのか?その仕組み(メカニズム)をご紹介します。

人には「交感神経」と「副交感神経」の2つの神経があります。

  • 交感神経→活動的な時や緊張した時に働く神経
  • 副交感神経→睡眠などゆっくりと身体を休ませる時に働く神経

普段はこの2つの神経がバランスよく働いているのですが、緊張した時には交感神経が働きすぎてしまうため、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

 

自律神経のバランスが崩れると身体に主に2つの問題がおきます。

  1. 多量の皮脂の分泌→においの原因となる雑菌が繁殖
  2. 皮脂の酸化→刺激臭が発生

精神性発汗によってこの2つの問題が発生してしまいます。

 

ストレスによる精神性発汗もある

精神性発汗は緊張した時だけでなくストレスによっても引き起こされます。

普段から仕事が忙しかったり周りに気をよく使うような人にこの症状が起こりやすいです。

 

精神性発汗の脇以外の場所は?

精神性発汗は通常の汗と違い全身には汗をかきません。

では脇汗の他にどこにかくかというと・・・

  • 足裏

などにもかきます。

日によって足が臭い時は精神性発汗による汗の可能性が高いです。

 

緊張した時に脇が臭い「精神性発汗」ってどんな臭い?

精神性発汗の臭いの特徴として鼻を刺激するようなツーンとした臭いが特徴です。

  • 玉ねぎ臭
  • ニンニク臭
  • ネギ臭

人によって個人差はありますが、いわゆる「刺激臭」ですね。

大勢の人の前での発表やプレゼンテーション、初対面の人と話した後に自分の脇が臭いのはこの精神性発汗が原因なんです。

 

「精神性発汗」はワキガではない

脇から強烈な臭いを発することを「ワキガ(腋臭)」と呼びます。

緊張した時にかく脇汗がくさいと「自分はわきがなのでは?」と心配になってしまいますよね。

・・・ですが、緊張した時にでる脇汗の臭さはワキガが原因ではありません。

ワキガと緊張した時のにおいの違いは「普段から脇汗がくさいか・緊張した時にかく汗がくさいか?」です。

 

・・・ただ、もし自分にワキガの疑いがありそうなら、一度ワキガのセルフチェックをしてみてください。

下の記事で紹介しているチェックリストに当てはまる数が多いほどあなたはワキガ(腋臭)である可能性が高いです。

 

【注意】精神性発汗は「汗を抑えよう」と思うほど汗をかいてしまう

緊張した汗がくさいということがわかった時、「脇汗を抑えよう」と意識してしまいますよね。

・・・でも実は、脇汗を抑えようとすればするほど余計に汗が出てしまいます。

これは脇汗をかくことを意識することによって自分から精神性発汗を引き起こすことになるからなんですね。

 

例えば、目の前に好きな人がいるとします。精神性発汗による脇汗の出方はこんな感じです。

「緊張して汗をかかないように心を落ち着かせなきゃ」

余計に緊張してしまい、精神性発汗で汗が出る

「やばい。汗がでてきた!汗を抑えないと」

精神性発汗で汗が出る

「あぁ!汗がどんどんでてくる!汗止まれー!」

精神性発汗であs・・・

このように汗のことを考えれば考えるほど、汗は止まらなくなってしまいます。まさに悪循環ですね。

 

「汗をかいても良いや」と開き直ることが精神性発汗を抑える有効な対策

精神性発汗による脇汗を精神的なコントロールで抑えるのはなかなか簡単ではありません。

そんなことできたらこの記事は読んでませんよね。

・・・ではどうすれば精神性発汗を抑えることができるのか?

一番効果的なのは開き直ることです。

頭の中で汗のことを考えてしまうから、余計に汗を出してしまうわけです。

だからこそ「汗をかいても良いや」と開き直ることが大事。

そうすることで精神性発汗を引き起こすこともなく、自然と汗の量も減っていくんです。

 

脇汗がワキガ臭い!精神性発汗を治す対策方法

「汗をかいても良いや」と開き直ることで精神性発汗はだいぶ改善されますが、中にはどうしてもそれが難しい人もいます。

そんな人は次の方法を試すのもおすすめです。

  1. 制汗剤を利用する
  2. ボトックス注射を打つ
  3. ロゴセラピー
  4. 手術

 

精神性発汗を治す方法① 制汗剤を利用する

制汗剤を使うことによって脇汗自体を抑えることができます。

後ほど紹介する精神的な治療のものもありますが、制汗剤のように物理的な解決方法ならとても手軽に行うことができます。

 

制汗剤はドラックストアやコンビニでも売っていますが、できることなら超強力なワキガ対策アイテム「ワキガクリーム」を使のがおすすめ!

ワキガクリームは制汗効果がある上に、名前の通りワキガのにおいを抑えるクリームなので、強いにおいも抑えてくれる効果があります。

 

ちなみに私自身、10年以上ワキガに悩んできましたが、ワキガクリームのおかげで脇の臭いの悩みを解決することができました!

下記でおすすめのワキガクリームを紹介しているので、少しでも興味があるならぜひご覧ください!

 

精神性発汗を抑える方法② ボトックス注射を打つ

ボトックス注射はクリニックでうってもらえる治療法の一つ。

ボトックス注射を打つことで発汗を促す神経物質をブロックし、汗の量を抑えることができます。

早いと5分ほどで終わり2〜3日で効果を実感することができます。

ただ保険が適用されないので高額。クリニックによって値段に差があり1〜4万円ほどの費用がかかってしまいます。

 

緊張の脇汗対策③ ロゴセラピー

ロゴセラピーとは心理療法の一種で多汗や赤面など対人関係の治療に使われます。

「汗をかいたらどうしよう」と緊張して汗をかくならば、いっその事「どれだけ汗がでるか試してみよう」と開き直るのがロゴセラピー。

汗に対して意識を向けるというよりかは、流れに身を任せるイメージですね。

 

「こんなことで効果があるはずない」と思うかもしれませんが意外と効果が現れる場合が多いんです。

ロゴセラピーを体験したい場合は講演会や勉強会に参加してみてください。ロゴセラピーの本も販売してるので読んでみても良いかもしれません。

 

緊張の脇汗を治す方法④ 手術治療をする

重度の精神性発汗の場合はワキガ手術の治療がおすすめです。

「手術をした」という安心が、心の不安を取り除き、さらにその安心感が精神性発汗による汗を抑えてくれる好循環が生まれます。

・・・ただ、手術による制汗効果は人によりばらつきがあります。エクリン腺を取り除くことによってたしかに汗の量は減りますが、精神性発汗は精神的な面での解決が必要。

なので完全に解決するには本人の気持ち次第なんですね。

なので手術治療をする前に、医者とじっくり相談することをおすすめします。

 

注意!精神性発汗に脇汗パットはおすすめできない

精神性発汗で悩んでいる人がよくやる失敗例として脇汗パットを使うことがあります。

汗っかきの人やワキガの人には脇汗パットは効果的ですが、精神性発汗の人はおすすめできません。

というのも、脇汗パットをつけるとどうしても脇に意識がいってしまい、精神性発汗を引き起こす可能性があるからです。

 

精神性発汗は汗っかきやワキガと違って精神的な面に問題がある場合が多いです。

脇汗パットは余計に汗を出してしまう原因になりかねないでしょう。

 

日常からできる脇汗対策は?

緊張した時の汗のにおいを抑えるには、普段から身体を清潔に保つことも大事。

日常からできるにおい対策は次の通りです。

  1. 汗をこまめに拭き取る
  2. 衣類を工夫する
  3. 食生活を改善する

・・・などがあります。

日常からできるワキガ対策は以下の記事で徹底的にまとめています!

日常からしっかり対策して脇の臭いの悩みから抜け出したいなら必見です!

 

緊張時のくさい脇汗は精神性発汗!対策まとめ

緊張した時の汗というのは、あなたに限らずどんな人でもにおいがあります。

だからこそ汗を抑えようとするのではなく開き直ることが大事。逆に意識しすぎると精神性発汗により余計に汗が出てしまうことになります

「汗は誰だってかくものだ」と開き直り、なおかつ制汗効果のあるワキガクリームを使えば、より汗を抑えることができますよ。

これを読んでいるあなたが、汗からの悩みから解放されることを願っています!

 

◆当サイト人気厳選記事◆

 

▼クリックすると記事が見れます▼