【完全版】ワキガ対策・洋服(衣類)編!インナーやおすすめ素材を解説!

「ワキガ臭を対策したいんだけど、着る服で少しでも対策はできないかな?」

そう思っているならこの記事は必見!

あなたが考えている通り、着ている洋服(衣類)でワキガ対策ができるんです!

この記事では洋服(衣類)でできるワキガ対策を徹底的に解説していきます。

ワキガは服(衣類)やインナーで対策ができる理由

「自分の着ている洋服(衣類)で対策ができる」

この事実を知っている人はなかなかいません。

ですがはっきり言います。
ワキガは服(衣類)やインナーなどの自分の着ている服で対策ができるんです。

では、一体どんな衣類を身につけることでワキガ対策ができるのか?

おすすめは以下のポイントです。

  1. 化学繊維ではなく天然素材のものを身につける
  2. タイトなものは避ける
  3. 脇汗パットを使う
これが衣類でできるワキガ対策です。

 

洋服(衣類)のワキガ対策① 天然素材の服を着る

「天然素材」と言われてもピンとこないかもしれません。

洋服には主に2つの種類の素材でできているものがあります。

  • 天然素材→綿・ウール・麻など
  • 化学繊維→ポリエステルポリエステル・アクリルなど
今着ているシャツや服のタグを確認してみれば、どんな素材でできているかが分かるので確認してみてください。

なおみ
この天然素材の服を着ることがワキガ対策になるのです!

 

天然素材の服がおすすめの理由

では、なぜ天然素材の服がワキガ対策として効果的なのか?

それは服のつくりにあります。

ワキガ臭の原因の一つは「蒸れやすい環境」

吸水性がない洋服を着ていると次第に脇が蒸れていき、その結果におい菌が増殖して臭くなってしまいます。

では天然素材はどうか?

綿やウールなどの天然素材は人の目には見えないような無数の隙間があります。

その無数の隙間が汗を吸い取ってくれるのです。

汗を吸い取ってくれる分、蒸れにくくなり、ワキガ臭の対策に繋がるのです。

 

ポリエステルはワキガにおすすめできない

では化学繊維はどうか?

化学繊維の中でも特に洋服(衣類)に使われているのがポリエステル。ヒートテックなどがまさにそうですね。

ポリエステルは天然素材と違って隙間がなく吸水性もありません。

吸水性がないということは、もちろん蒸れやすくなります。

特定の服を着ると特にワキガ臭くなるという場合は、もしかしたらその服は化学繊維でできたものかもしれません。

 

インナーも天然素材のものを!

天然素材のものが良いのは何もTシャツや上着だけではありません。

インナーも天然素材のものがおすすめです。

むしろ、いくら天然素材のものを着てもインナーがポリエステルのなら意味がありませんよね。

逆にもし自分の気に入った服や着ないといけない服がポリエステルでも、インナーを天然素材のものにすればワキガ対策になります。

 

洋服でワキガ対策をするなら綿やウールなどでできた天然素材のものを着るようにしましょう!

 

洋服(衣類)のワキガ対策② タイトなものは避ける

先ほど「ワキガの原因の一つは脇周辺が蒸れているため」と説明しました。

脇はただでさえ閉まっているので蒸れやすい環境です。

では、どうやってこの環境を改善していくか?

一つの改善方法として「タイトなものを避ける」ということ。

オシャレをするためにタイトなシャツやジャケットを着たい気持ちはよーく分かります。

ですが、これはワキガ臭を強めてしまう原因になってしまうのです!

脇周辺の蒸れを少しでも解消するためにもタイトな服を避けましょう。

 

洋服(衣類)のワキガ対策③ 脇汗パット

脇汗パットもワキガ対策として有効。

脇汗パットにも「服の脇の部分に貼るタイプ」と「肌に直接貼るタイプ」の2種類のものがあります。

おすすめは「服の脇の部分に貼るタイプ」

服に貼る脇汗パットは広範囲に汗を抑えることができ、洋服の汗ジミの対策にもなります。コスパが良いものも多いです。

肌に直接貼るタイプのものも効果はありますが、肌がかぶれることもあり、脇汗が多い人なら剥がれてしまうこともあります。

なおみ
脇汗パットを使うなら服に貼るタイプのものがおすすめですよ!

 

脇汗パットを使う際の注意点

脇汗パットを使うことで脇汗を抑えることができ、ワキガ対策につながります。

しかし脇汗パットにも欠点もあります。それは精神性発汗を引き起こしてしまうこと。

精神性発汗とは?

緊張した時や脇に意識がいった時にでる汗のこと。

脇汗パットをつけることで脇に意識が行き過ぎると、返って汗の量が増えるというわけです。

もし実際に脇汗パットをつけてみて気になるようなら、脇汗パット以外の方法でワキガ対策をしてください。

 

あなたの体ではなく洋服がワキガ臭くなっている!?

ワキガ臭がするのはなにもあなたの脇だけではありません。

あなたが普段着ている洋服(衣類)の脇の部分ににおいがこびりついている可能性があります。

ワキガ臭の原因であるにおい成分は洋服にこびりつくやすく、洗濯をしても落ちにくいんです。

特定の服を着るとすぐにワキガ臭くなるのなら、それは服にワキガ臭の原因である菌がこびりついているからかもしれません。

 

もしその疑いがあるなら40°Cのお湯を使って洗濯機を回してみてください。

そうすることで汚れが落ちやすくなります。

もっと効果的なのは重曹を使うこと。

洗濯機で洗う前に重曹を溶かした水でもみ洗いして数時間つけてから洗濯すると、服にこびりついたにおいを抑えることができますよ。

下記で洋服につくにおいや黄ばみを取る方法を解説しているのでご覧ください!

 

冬の洋服(衣類)のワキガ対策

冬は夏よりも自分のワキガ対策に手を抜いてしまいがちですが、実は冬の方が人は汗をかきやすいんです。

冬の方が汗がかきやすい理由

  • 基礎代謝が高い
  • 寒い場所から暖かい場所に移動すると汗が出やすくなる
冬の場合はただでさえ汗が出やすいにも関わらず、寒さから身を守るために重ね着をします。

このことから、冬の方が自分のワキガ臭が気になるという悩みを抱える人も少なくありません。

重ね着は仕方ありませんが、服の素材や形状(タイトなものを避ける)などの工夫は必要です。

自分のワキガ臭を防ぐためにも、ここまで紹介した対策に手を抜かないようにしましょう。

 

洋服(衣類)でできるワキガ対策まとめ

それでは最後にこの記事をまとめます。

  • できるだけ天然素材のものを着る
  • インナーも天然素材のものを着る
  • タイトな服は避ける
  • 脇汗パットをつける
  • 洋服にワキガ臭がつかないよう対策をする
  • 冬は汗をかきやすいのでしっかり対策を
自分から発するワキガ臭は、自分自身ではなかなか気づきにくいもの。

だからこそしっかりと意識して対策することが大事!

当サイトではワキガ対策に関する様々な方法を紹介しています!

当サイトをぜひともご活用くださいね^ ^

なおみ
ワキガの悩みが1日でも早く解消されれば良いですね!

 

◆当サイト人気厳選記事◆

 

▼クリックすると記事が見れます▼