【注意】ワキガ手術の失敗・再発の体験談まとめ|後遺症・手術跡・副作用のリスクの確率|わきが(腋臭)手術のメリット・デメリット

ワキガ(腋臭)手術の種類

どのワキガ手術をするかはドクターとの相談やこちらの希望で決めることになります。

ただ、本気でワキガ手術をしようと思ってるのなら、どのような手術方法があるかは知っておいて損はありません。

ここではワキガ手術の種類について解説していきます。

 

ミラドライ

ミラドライは最新のワキガ手術法で、皮膚を傷つけずに行う手術方法です。

電子レンジに使われているマイクロウェーブで、肌を傷つけることなく外側から治療ができます。

ミラドライは短時間で済ますことができ、痛みがないことも特徴です。

ただ火傷をおった例があり、リスクがないわけではありません。手術例が多くないので未知な部分があります。

 

剪除法(せんじょほう)

ワキの下を切開し、皮膚を裏返して汗腺を取り除いていく手術法です。

切開をするのでドクターの腕によっては傷跡は残ってしまうこともあります。

剪除法は保険の適用が効くので安く済ませるといったメリットがあります。

 

皮下組織吸引法

切開をする剪除法と違って、皮膚組織吸引法は小さな穴を開けて手術を行います。

その小さな穴から管を通し、アポクリン線などの汗腺を書き出して吸い込む手術法です。

傷跡が残りにくいなどのメリットがありますが、一方で完全にアポクリン線を取り除くのは難しいとも言われています。

 

ワキガを対策するならワキガクリーム

ワキガ手術はワキガを根本的な部分から治療するため確かに有効ではあります。

しかし体験談を見てわかる通りリスクがあるのも事実。

数十万払って万が一効果がなかったら・・・ショックですよね。

ワキガクリームは最強のワキガ対策な上に万が一効果を感じれなかった時の「全額返金保証制度」まであります。

中度のワキガである私自身、ワキガクリームのおかげでワキガの悩みから抜け出せました!

騙されたと思って是非一度お試ししてみることをおすすめします!

あなたのほんの些細な行動が人生を変えてくれるはずですよ!

 

◆当サイト人気厳選記事◆

 

▼クリックすると記事が見れます▼