「ワキガ辛い」20年悩んだ私(女性)の体験談【辛さをもっと知って欲しい】

「ワキガでなければもっと違う人生を歩むことができたのに・・・」

あなたは心のどこかで、そう思っていませんか?

 

初めまして。このサイト「体臭革命」を運営するなおみと言います。

なぜこのサイトを作ったのか?

それは私自身、長い間ワキガで悩んできたからです。

「同じような悩みを抱えている人の力に少しでもなりたい」
そう思いこのサイトを運営しています。

 

この記事では長い間ワキガに悩んできた、女性である私の体験談を包み隠さず書いていきたいと思います。

 

初めて自分がワキガだと気づいたのは中学の時

 

私が初めて「自分はワキガだ」と気づいたのは中学生に入った時。

ある日、教室の移動中に忘れ物に気づき、自分の教室に忘れ物を取りに行ったんです。

そしたら教室の中から私の名前が聞こえてきました。

慌てて教室に入らず入り口の方に隠れて耳を傾けてみると・・・

「なおみってなんかクサくない?」

「あ、気づいてた。やっぱクサイよね」

「多分ワキガだと思うんだよね?」

会話の内容は今でも忘れられません。

「ワキガ」という言葉は知りませんでしたが、会話の内容からその時初めて自分はクサイんだと気づきました。

・・・この時のことは今でも忘れません。心臓を思いっきしつかまれるほど苦しく、辛いものでした。

その後、結局忘れ物を取りに教室に入ることが行けず、授業中に教室まで取りに行ったのを覚えています。

 

ただ、当時は「ワキガ」という言葉が分かりませんでした。

なので学校が終わってから家に帰りパソコンで調べてみると・・・かなりショックでした。

その日は本当に辛くて、ご飯も食べず自分の部屋にこもってずっと泣いていたのを覚えています。

 

いろんなことが消極的に

私はもともと明るいタイプの人間だったんです。

小学校ではクラスの学級長をし、部活も一生懸命に頑張って方でした。

 

・・・ただあの事件以来、いろんなことが消極的に。

例えば、クラスで仲良くなりたい人がいても、クサイと思われるのが怖くて話しかけることができない。

大好きな体育の時間も汗をかかないことばかりに集中し、楽しむことなんて全くできない。

恋愛なんてできるはずもなく、周りが恋愛話で盛り上がってる中、そんな話は一つもありませんでした。

 

高校の時、直接「クサイ」と言われた

 

そしてさらに辛い思い出があります。それが高校に入学して少し経った時のこと。

高校時代もしっかりワキガ対策をしていたつもりでしたが、体調によって時折においを抑えきれないことがあったんですね。

ある授業が終わった休み時間、隣の席の子が私に向かってこういったんです。

「なおみ、今日なんかちょっと変なにおいがするよ?」

その瞬間、頭が真っ白になりました。中学時代の頃と一緒です。

急いでトイレに行き汗拭きシートでワキをふき、スプレーをかけ、なんとかその日の授業を終え帰宅。

家に帰るともう何もかもが嫌になり、ベットに寝ながらずっと泣いていたのを覚えています。

思春期の女子だけあって余計に辛かったです。

 

それからというもの、誰かが咳き込んだり鼻をすすれば「自分のにおいのせいなんじゃないか?」と心配になったり、
誰かが口を開けば「クサイと言われてるんじゃないか」と不安になったり。

今思うと考えすぎだと思うんですが、当時は周りで起こる現象は全て自分のにおいのせいだと思ってしまうほどでした。

 

「気にしすぎだよ」の一言

 

ただ、そんな私を励ましてくれていた存在がいます。それが小学校からの付き合いである親友です。

その親友が私の悩みを聞いてくれ、支えてくれたんです。

そのおかげでその後は登校拒否にならずに済みました。今思うと当時に親友には感謝しかありません。

 

ある時、その親友に思ってることを全部吐き出したんです。

「私のにおいのせいでクラスのみんなに迷惑をかけている」
「鼻をすすったり咳き込んでいる人がいるのは自分のせいだ」
「いつも自分のにおいのことを噂されてる気がする」

すると、その親友は・・・

「なおみは考えすぎだよ」

と言ったんですね。

それから悩みを話すと

  • クラスの人が鼻をすすったり咳をするのは、私のにおいとは関係ないということ。
  • 汗をかいたあとはにおう時もあるけど、普段は気にならないということ。
  • 誰も噂はしてないということ。

 

ということを教えてくれました。

 

今思うと自分でも妄想しすぎだったかな?と思います。
でも、においにひどく悩んでいる時は、どうしても周囲の目を過剰に気にしてしまうもの。

ワキガの人の話を聞くと考えすぎな人が多く、過去の自分を見ているように感じます。

これは今だから分かることですが自臭症気味だったんだと思います。

 

自臭症とは、少しの出来事も全部自分のにおいのせいだと思い込んでしまう、一種の精神病ですね。

周囲の人に口臭や体臭などを指摘されることで、本来であれば取るに足らない行動も自身からの臭いによるものであると思い込んでしまうために発症する。

また、完璧、完全志向が強い人ほどこの症状に陥り易い。本来、体臭、口臭は少なからず誰にでもあるものだが、自臭症の人はこれを誇大解釈してしまい、少しの臭いも許せなくなる。

引用:Wikipedia

自臭症になってしまうと、周りの少しの反応が全て自分のにおいのせいだと感じてしまうんです。

ただ私の場合は友達が話を聞いてくれたおかげで、
「自分は考えすぎだったんだな」と少しずつ思えるようになりました。

そしてその後の学校生活は問題なく送ることができました。友達には感謝してもしきれません。

 

OLとして就職、新しい環境で再びにおいが気になってしまう

 

高校卒業後、都内の会社に就職した私。

新しい環境に飛び込んだ時には2つの思いがありました。

一つは「ここからまた新しい人生が始まるんだ」というこの先の人生への期待感。

そしてもう一つはやはり自分のワキガ臭への不安です。

 

食生活や生活リズムなどしっかりとにおい対策をしていたのですが、体調によっては自分でも分かるほどにおいを発してしまうことも。

ロッカーで着替えをし、一旦出たから忘れ物を取りに行くと、ほんの少しではあるけどワキガ臭が・・・。

そんな日は高校時代のあの辛い瞬間がフラッシュバックしたりもしたものです。

 

・・・ただ、この頃からあまり考えすぎないようにしていました。

人はにおいを気にしすぎたりすると、逆に汗を出してしまう「精神性発汗」というものがあります。

そのことを知っていたので、自分でできるにおい対策はしっかりと行い、あとは「におったら仕方ない」と思うように過ごしました。

 

今の旦那と出会う

 

今の旦那と出会ったのは私の人生の大きな分岐点。

相手は同じ会社の上司。一緒に仕事をしていくうちに仲良くなり、いつの間にか交際へ発展。

「この人なら大丈夫」と思い、当時、ワキガについて悩みを打ち明けると「たしかに日によってにおう時がある」と正直に言ってくれました。

でも、そんなワキガである自分を彼は受け入れてくれたんです。

それから一緒にワキガ対策について考えてくれたり、時には彼の方から対策法を提案してくれることもありました。

 

ワキガクリームとの出会い

その後も相変わらずもワキガとの格闘。

手術も考えましたが、手術には私は抵抗があったのでしませんでした。

 

なので、市販のものをいろいろ試してきました。でも、どれも大した効果がないものばかり・・・。

しかも市販の商品を使っているうちに肌に痒みが出てしまったり、時にはかぶれてしまうこともありました。

 

しかしその後、ネットで対策を探していくうちに私は心から「これだ!」というアイテムに出会います。それが通販で買えるワキガクリーム

ワキガクリームは今まで市販の商品とは全く違った効果を私に与えてくれたんです。

 

 

いつもの嫌なにおいがワキからせず、数時間経ってもにおいは変わらない。もちろん痒みもでない。

しかも長く続けていくうちに肌の状態がよくなったのか、ワキガ臭がかなり改善されていきました。

 

そう、ワキガクリームは20年以上悩んだ私のワキガ臭を解決してくれたんです。

なおみ
やっと・・・ワキガ臭から・・解放される!!!

 

正直者の旦那にも「本当に改善されたね」と言ってくれました。

それからというもの、自分の体臭で悩みを持っている人にはワキガクリームをおすすめしています。

すすめた人はやはりみんな効果を実感してくれています。

もしこれを読んでいるあなたがワキガで悩んでいるなら、騙されたと思ってぜひワキガクリームを使ってほしい。

 

ワキガの体験談(女性)まとめ

 

ワキガは本当に辛いもの。

「自分のにおいのせいで周りに迷惑をかけてるんじゃないか」
「影でクサイと噂されてるんじゃないか」

そう思ってしまうと本当に辛いです。

時には自分の親に対して「なんでこんな身体で産んだんだ!」と思ってしまったこともありました。

 

ただ、ワキガだからといって今後の人生を諦める必要はありません。

たとえワキガでも改善することはできます。

ワキガクリームをはじめ食生活の改善や入浴方法の工夫など。それでもどうしてもワキガ臭を抑えられなければワキガ手術という選択肢もあります。

私が言いたいのは、ワキガだからといって自分の人生を諦める必要はないということ。

ワキガが理由で自分らしい人生を生きれないのは本当にもったいないです。

あなたもワキガから解放され自分らしい人生を送りたいと思いませんか?

 

以上、長年ワキガに悩まされた私の体験談でした。

この辛く苦しいワキガの体験談があるから、私は今、こうしてこのようなサイトを作っています。

私のワキガの体験談を書くことによって、
「同じ悩みを持った人がいるんだ」
と同じ悩みを持っている人がいることを知ってくれたら嬉しいです。

 

このサイトではワキガに関する知識や様々な対策法を紹介しています。

ワキガに悩んでいる人の少しでも力になれば、私は嬉しいです!

 

◆当サイト人気厳選記事◆

 

▼クリックすると記事が見れます▼