【中高生】脇毛に白い粉(塊)がついてもワキガではない!対処法と取り方(除去)を解説

「脇毛に白い粉(塊)がこびりついて取れない・・・これってなんだろう」

そんな悩みを抱えていませんか?

この症状、男子中学生・高校生に多いんですよね。

お風呂に入ったあとも脇毛に白い粉(塊)がついていると「これは何かの病気ではないか!?」と不安になってしまいますよね。

では、この脇毛につく白い粉の正体は一体なんなのでしょうか?

 

脇毛に白い粉(塊)やカスがつくとワキガの可能性がある

脇毛に白い粉(塊)がつくのはワキガが原因である可能性があります。

ワキガとは脇から強いにおいを発する体質で、汗臭いニオイとは違った刺激臭が特徴です。

 

人にはエクリン腺とアポクリン腺という2つの汗腺があります。

  • エクリン腺→99%が水分の汗を出す
  • アポクリン腺→たんぱく質や脂質などにおい成分の詰まった汗を出す

ワキガの人はワキガ臭の原因となるワポクリン線が体質的に多い人のことを言います。

脇毛に白い粉がついてしまうのは、このアポクリン腺から出た汗が結晶となって固まったのが理由である可能性があります。

ワキガかどうか判定する際にも、「脇毛に白い粉がつくかどうか」は一つの判断基準になっています。

 

ただ、脇毛に白い粉(塊)がついても必ずしもワキガではない

・・・ただ、脇毛に白い粉がついているからといって必ずしもワキガであるわけではありません。
あくまで可能性があるということです。

 

ワキガ以外で脇毛に白い粉(塊)やカスがつく3つの理由

では、ワキガ以外でワキ毛に白い粉やカスがつく理由は一体なんなのでしょうか?

その原因は以下の3つにあります。

  1. 真菌の繁殖
  2. 角質が剥がれたもの
  3. デオドランド剤(制汗剤)

脇毛に白い塊がつく原因を一つずつ紹介していきますね。

 

脇毛に白い粉がつく原因① 真菌の繁殖

真菌(しんきん)はカビの一種。

カビといっても特定の人が持っているわけではなく、人間誰にでもあるものです。

この真菌は湿気の多い場所、つまりわき下で繁殖しやすく、角質を主に栄養にして繁殖していきます。

そう、脇についた白い粉はこの真菌が原因である可能性があります。

脇毛付近で真菌が繁殖したことによって白い粉がついてしまうのです。

この真菌が原因の場合、脇にかゆみがある場合もありますが、とくべつ病気というわけではないので安心してください。

 

脇毛に白い粉がつく原因② 角質が剥がれたもの

角質はいわゆる「垢」。
肌をこすると消しゴムのように垢が出てきますよね。

人の皮膚は28日を一つのサイクルとして生まれ変わっています。

このサイクルが終わって古い角質が剥がれ落ちた時に、白い粉となって脇毛に付着することがあります。

 

脇毛に白い粉がつく原因③ デオドランド剤(制汗剤)

引用:Amazon

これは意外かもしれませんがデオドランド剤(制汗剤)が原因で白い粉がついてしまうこともあります。

中学生や高校生なんかはよく8×4などの制汗剤を使っていますよね。これが原因で脇毛に白い粉がつく場合があるのです。

ちなみに、制汗剤によって脇毛に白い粉がつく原因としては2つ

一つ目はまず使いすぎていること。

いくら脇汗を止めることができるといっても、使いすぎると皮膚を痛めてしまいます。なので適度に使うことが大事。

二つ目の理由としては「肌と制汗剤の成分が合わない」ということ。

ここでは中学生・高校生がよく使う8×4を例に説明しましたが、特定のものが原因で脇毛に白い粉がつくわけではありません。

人によって白い粉がついてしまう制汗剤は違ってくるのです。

もし普段から制汗剤を使っていて白い粉が脇毛につく場合は、一度その制汗剤をストップしてみると良いでしょう。

 

ワキガをチェックするには?

ワキガかどうか判断する際にいくつかのチェック項目があります。

脇毛に白い粉がつくのもそのうちの一つの項目ですが、それよりも優先してチェックするべき項目があるのです。

それが「耳垢のタイプ」。

  • 耳垢がカサカサの場合→ワキガでない可能性が高い
  • 耳垢が黄色く湿っている→ワキガである可能性がある

先ほども説明しましたが、ワキガの人はにおい成分の多い汗を出す「アポクリン腺」が多いのが特徴。

ワキガ体質の人はこのアポクリン腺が脇のみならず耳の中にも存在するのです。

そのためワキガ体質の人は耳垢が黄色く湿ってしまうのです。

 

なおみ
・・・ちなみに、これを書いている私も実はワキガです(泣)

このような耳垢の場合はワキガ体質である可能性が高いということです。

 

自分がもしワキガだとしたら?

「耳垢が湿っている・・・ワキガかもしれない」

もし仮にあなたの耳垢が湿っていたとしても不安になる必要はありません。

ワキガだとしても、ワキガにも軽度・中度・重度と強さがあり、そこまでにおいが気にならない場合もあります。

たとえ周りの人に気付かれる程度のワキガ体質だとしても、いくらでも対策はできます。

なおみ
私は中度のワキガ体質ですが、ワキガクリームのおかげでで改善することができました!

当サイトでは様々なワキガ対策をご紹介しています。

中学生・高校生の方には特にこちらの記事がよく読まれています。

 

脇毛の白い粉(塊)の取り方・対処法

いくら身体に害はないとはいえ、自分の脇毛に白い粉がつくのは気になるもの。

ここからは脇毛にこびりつく白い粉(塊)の取り方を原因別に紹介していきます。

 

取り方① 日常から清潔に保つ

真菌が原因でワキ毛に白い粉がつく場合は、日常から脇を清潔にすることが大事。

普段から脇を清潔に保つことで真菌の繁殖を抑えることができます。

具体的な方法としてはまずデオドランド剤など殺菌作用のあるもので対策すること。

殺菌効果のある制汗スプレーを使うことで脇毛に白い粉がつかなくなることもあります。
(ただし、制汗スプレーが原因で白い粉がつく場合は逆効果です)

 

また、速乾性がある服や風通しの良い服を選ぶことも大事。

速乾性があって乾きやすいものや、脇の部分がタイトになっていない、できればメッシュのものを着ることで脇を清潔に保つことができますよ。

 

取り方② ワキガボディソープで丁寧に洗う

角質が原因で脇毛に白い粉がつく場合は、しっかり泡立てたボディソープで優しく洗ってあげることが必要。

ボディソープの中でもワキガに特化したボディソープを使うとさらに肌を清潔に保つことができます。

ここで一つ注意して欲しいのはゴシゴシと強く擦りすぎないこと。

脇についた白い粉をとろうとどうしても強くこすってしまいがちですが、実はこれはかえって逆効果。

強くこすることでさらに角質を排出させてしまう原因になる可能性があります。

しかも強くこすってしまうと臭いの原因となる悪玉菌が増えてしまうため、脇の臭いを強めてしまうのです。

なので100均などで売っている泡立てネットを使ってたっぷりの泡で洗ってあげてください^ ^

下の記事ではお風呂でできるワキガ対策をご紹介しています!

 

取り方③ 制汗剤をストップする

制汗剤が原因で脇毛に白い粉がつく場合もあります。

この場合は今使っている制汗剤を1週間ほどストップしてみれば良いのです。

もし使うのを止めてみて白い粉がつかなくなるようなら制汗剤が原因です。

他の制汗剤に切り替えてみるか、制汗剤以外のもので対策することで解決できるでしょう。

 

【最終手段】脇毛を一旦全部剃るのも一つの対処法

これは最終手段ではありますが、一旦全部脇毛を剃るのも一つの解決方法です。

根元についてしまった白い塊はどうしても取りにくいのが実情。そんなときは一旦すべての脇毛を剃って取っちゃいましょう!

ちなみに、ここまで紹介した中でこれがもっとも確実な取り方。

ただ、うちの旦那のようにバスケ部などタンクトップ系のユニホームの場合は、脇毛を処理したことがバレてしまいます。

なのでそれでも構わない人や脇毛が見えない人には、この方法がおすすめですよ。

 

衣服の脇の部分が黄ばんでしまう時の対策・対処法

脇毛に白い粉がつきやすい体質の人は、衣服に黄色いシミがつきやすいという特徴があります。

衣服は人の目に入りやすいがため、脇毛に白い粉がつくよりも困ってしまいますよね。

そこで、ここでは衣服の脇の部分が黄ばんでしまう場合の対策も紹介していきます。

下の記事で衣服が黄ばんでしまう原因と対処法をご紹介しています!黄ばんでしまう方はこちらをご覧になれば解決できます!

合わせて読みたい
シャツの脇に黄ばみがあったらワキガ?原因と対策を解説!

 

【まとめ】脇毛に白い粉(塊)がついてもワキガではない!取り方を工夫すれば大丈夫!対処法でバッチリ!

それでは最後にこの記事の内容をまとめましょう!

脇毛に白い粉(塊)がつく原因

  • ワキガ
  • 真菌の繁殖(健康に害はない)
  • 剥がれ落ちた角質
  • 制汗剤
脇毛に白い粉(塊)がついていると「自分はワキガではないのか!?」と不安になりがち。

たしかにワキガである可能性もありますが、それ以外にも様々な原因があります。

また、万が一ワキガだとしても対策する方法はたくさんあります。

なおみ
これはワキガで悩んできた私がしっかり断言できます!

 

中学・高校生のときはやっぱり周りの目が気になりがち。

ですがしっかり対応すれば脇毛につく白い粉(塊)を防ぐことができますよ!

当サイトではワキガや体臭に関する様々な知識や対策を紹介しています。ぜひともご活用くださいね♪

 

◆当サイト人気厳選記事◆

 

▼クリックすると記事が見れます▼